描画の基礎を学ぶ ~バウムテストと風景構成法

描画の基礎を学ぶ ~バウムテストと風景構成法

描画テストでは、描画に表れる複数のサインや描画から受ける印象など、複数の情報を読み取り、それらから理解を総合的に練り上げるスキルが必要になります。本研修では、描画を実施したことがない、あるいは実践し始めたばかりの初学者の方を対象に、バウムテストと風景構成法について、基本的な理論の講義や事例検討を実施します。実践のための基本的な知識を学び、描画を理解する体験を味わっていただきたいと思います。

なお、本研修会は、臨床心理士資格更新研修ポイントを申請予定です。

日時 : 2020年10月11日(日) 10:00~17:00 (休憩1時間)
場所 : 大阪・京都こころの発達研究所 葉 高槻オフィス(JR高槻駅西口から徒歩5分、阪急高槻市駅から徒歩15分)

講師紹介(実施順、敬称略)

的場充憲(大阪・京都こころの発達研究所 葉):臨床心理士、公認心理士資格保持者。分析心理学をオリエンテーションとする心理職として療育施設などで活動し、現在は医療機関、司法領域、カウンセリングルームなどで活動中。

星野修一(大阪・京都こころの発達研究所 葉):臨床心理士、公認心理師資格保持者。精神分析的心理療法をオリエンテーションとする心理職として教育機関、精神科医療機関などで活動し、現在は、カウンセリングルーム、精神科医療機関、学生相談室などで活動中。

内容

10:00~13:00バウムテスト(講師:的場充憲)
13:00~14:00休憩
14:00~17:00風景構成法(講師:星野修一)

★現地開催を予定しておりますが、当日に現地開催が困難となる場合には、事前にご連絡し中止とさせていただきます。
事例素材を扱うため、オンライン開催はいたしません。

参加要件: 臨床心理士、公認心理師、臨床心理士養成の大学院生
参加費 : 6000円(下記よりチケット購入にて事前にお支払いください。)
定員  : 15名

お申込み・お振込みこちらのページよりお願いいたします。

チラシ : こちらよりダウンロードできます。