男性性にまつわる悩み

男性性にまつわる悩み

男性は女性に比べ、人に相談することが苦手とされています。
それは、男性が人に自分の気持ちを「共感してもらう」ということに慣れておらず、
起きた出来事のような「事実を語る」ことに慣れているからと言われています。
自分の悩みを人に見せないことこそが男らしさである、という考え方もあるでしょう。
そして、個人的な(パーソナルな)問題になればなるほど、恥ずかしさや男としてのプライドから、
気持ちどころか事実を語ることすらできず、一人で悩み、苦しむことになります。

特に、勃起不全や性器への自信のなさといった問題は、一見、身体機能だけの問題のように思われますが、
実は男性の自尊感情や尊厳に大きく関わることになります。
そのため、こうした悩みごとは性生活にとどまらず、
仕事や日常生活における活気、対人関係など広範囲に影響します。

また、女性との関係において、男らしい自分でいることにこだわるあまり、いつの間にか支配的、
高圧的だと相手に責められ、関係が上手くいかなくなってしまうことがあります。
反対に、女性の求めることにどんなことでも応じることで愛情を示そうとした結果、
いつの間にか振り回されるばかりの関係に陥り、
一緒にいることに疲れや恐怖を感じるようになるといった悩みもあると思います。こうしたことの背景に、
生まれ育った母親や父親との関係性が影を落としていることも少なくありませんが、
自分で気づくことが難しいでしょう。

こうした男性ならではのご相談は、男性カウンセラーが担当させていただきます。
性にまつわる悩みは、他者のサポートを受ける中で、自分の悩みを整理し、
自分の男性としての尊厳を見つめなおし、取り戻すことにあります。

お申し込み・お問い合わせはこちらから

個別相談(カウンセリング)はこちら

心理テスト(トップページ)