性にまつわる身体の悩み

性にまつわる身体の悩み

年齢と共に身体は変化し、それによってホルモンが乱れ、心身のバランスが崩れてしまうことがあります。
例えば、女性の更年期障害は、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が、
40代にはいったころから急激に低下することにより生じます。
症状としてはのぼせ、冷え、頭痛、イライラ、肩こり、抑うつなど様々です。
また、更年期はもちろん男性にも起こります。
男性の場合にはテストステロンという男性ホルモンのゆっくりとした減少に伴い、
憂うつやイライラ、不眠、疲労感、ほてり、発汗などが生じます。
また、性機能の低下を感じることも少なくありません。

治療としてはホルモン補充療法が第一選択となります。
症状自体をカウンセリングで扱うことは困難ですが、
その背景にある女性性や男性性の喪失体験を整理し、更年期の時期とリンクし、
ストレス因となりやすい家庭構造の変化(子どもの独立や親の老化など)をともに考えることが、
症状の軽減の一助となりえます。

他にも月経前症候群(PMS)や産後うつ、マタニティブルーといった場合には、
体の不調に伴う心の不調があります。周囲に対し、積極的に苦しさを打ち明けにくい場合もありますし、
自分自身、気分をどのようにコントロールして行けばよいのかとまどいを感じることも多いでしょう。
これらは、婦人科や精神科で身体の治療を行いながら、カウンセリングによって心の調整を行うことで、
より高い治療効果が望めます。

お申し込み・お問い合わせはこちらから

個別相談(カウンセリング)はこちら

心理テスト(トップページ)