個人の方

個人の方

「カウンセリング」というと「心を病んでいる人がいくところ」

そんなイメージがあるのではないでしょうか?
もちろん、診断がついていたり服薬治療をされておられる方でもカウンセリングを必要とされ、受けられている方はおられます。
しかしカウンセリングは「治療」の意味だけでなく「予防」としても有効です。

ちょっとしんどい
誰かに聞いてほしい
これってどうしたらいいんだろう?
自分のことがわからない・知りたい
仕事がうまくいかない
人間関係で悩んでいる

そのような方にカウンセリングを受けていただきたいと思っています。
そうすることで、病院で診断を受けたり、服薬をしたりする前に
心を元気にしたり、自分で対処方法を身につけたりすることができます。

また最近は心療内科や精神科のハードルが下がりつつあり、受診される方も増えてきましたが
ぞれでもまだまだ

そんなところに行きたくない
病院は抵抗がある
自分は病気なんかじゃない

という方も多くおられます。
病院に行かず、一人で我慢されたり、頑張り続けられることでより状態が悪化してしまい
仕事を続けられなくなったり、日常生活が困難になってしまったりします。
そうなってしまう前に、当研究所で相談をしてみませんか?

カウンセリングに抵抗があるという方は、心理テストをオススメします。
多くを語らなくても、2~3回の来談で今の自分の状態を把握していただき、どうすればよいかを知ることができます。

そして、カウンセリングは、悩みがある方やしんどい方だけが受けるものではありません。
より豊かな生き方を目指したり自分の力を最大限発揮できるようにするためにも有効です。

当研究所は、「自分を知る」「自分で決める」「自分を変える」をコンセプトにしています。
ご質問やお問い合わせ、お申込みはこちらのフォームからお気軽にどうぞ。

発達障害の疑いがある方や診断のある方で、自分と同じような人の意見を聞いてみたい、安い料金で改善したいとご希望の方は「夜活(特性がある方向けのトレーニング)」にご参加下さい。
臨床心理士のミニ講義の後、参加者同士でお仕事での悩みを共有したり、他の人の工夫を聞いたりすることができます。

医療機関、弁護士事務所、社会労務士事務所等の各種専門機関と連携しています。相談内容によっては、専門機関をご紹介させていただき、役割分担を行います。どこに相談すればいいかわからないといったご相談も承っております。

公的なサービス等、現在様々な場所で相談可能です。経済状況や居住地、勤務地などから他の相談場所も検討したい場合は、当研究所に来られる前をご参照下さい。

個別相談(カウンセリング)はこちら

心理テストについてはこちら

お申し込み・お問い合わせはこちらから