著書・書籍紹介

著書・書籍紹介

著書紹介

当研究所スタッフが執筆している書籍の一覧です。

『日常臨床に活かす精神分析: 現場に生きる臨床家のために』
誠信書房 (2017/3/13)
バリント入門―その理論と実践
金剛出版 (2018/12/5)

おすすめ書籍・映画の紹介

当研究所がおすすめする書籍をご紹介します。

『ケースワークの原則―援助関係を形成する技法』
精神保健福祉士や社会福祉士など、ワーカー必読です。 心理士と福祉士の違いや、福祉の中で心理学がどのように生かされるかも学べるため、心理士にもぜひ読んでもらいたい本です。
漫画『ダルちゃん』
2019年の新井賞受賞作品の中でのオススメ。 本当の自分を閉じ込めて、周りに合わせて生きるダルダル星人のダルちゃんが、出逢った人たちとの関係の中で自分らしく生きることを模索していきます。 ダルちゃんに共感できる方も多いのではないでしょうか。
『幻聴妄想カルタ』
統合失調症の方が考えられたカルタです。 統合失調症の方の世界を遊びながら体験するのはいかがでしょうか?
漫画『精神科ナースになったわけ』
精神科病棟でのエピソードだけでなく、患者さんの心情がとても丁寧に描かれています。 また妄想話をされる方や、自傷される方にどのように対応されたかや、患者さんに自殺されたときの思いなどもとても優しいタッチでリアルに描いておられます。 精神病に興味がある方から抵抗がある方までお読みいただきたいです。
絵本『わたし いややねん』
車椅子の絵がほとんど。 ですが、最後はずっしりと考えさせられます。 著者は身体障害をお持ちと聞いて、文章の重みに納得しました。 この絵本を親子で読んで感想を言い合ってほしいです。
漫画『四月は君の嘘』
母親とのトラウマによりピアノを弾けなくなった主人公。 同級生やライバルと共に自分にとってピアノとは何かを見つけていく。 専門的に何かをつきつめるとき、自分と向き合い、仲間に支えられる。 全11巻で潔い終りですが、もっと読みたいと思える漫画です。
映画『アイデンティティー』 [Blu-ray]
一見、単なるサスペンス映画ですが、解離性人格障害いわゆる多重人格の治療についての基礎知識があるとより楽しめる映画です。 人格を統合するという治療法には賛否ありますが、映画のラストのようなことはありえると思うと、慎重になりますね。
映画『シングストリート 未来へのうた』 [Blu-ray]
アイルランドの青春ど真ん中映画です。 作品はとっても素敵なんですが、気になるのが主人公の兄の部屋にフロイトの大きなポスターが飾ってあること。 フロイトが「精神分析が唯一通じないのがアイルランド人」言ったと言われていますが関連あるのでしょうか…
絵本『ちょっとだけ』
妹が産まれて、一生懸命、お姉ちゃんになろうと頑張るなっちゃんのお話です。 末子が大きくなった時に読み聞かせてもいいですね。 赤ちゃんが産まれると長子が退行したり赤ちゃんに冷たくしたり、可愛がったりしますが、そうした時にどんな気持ちでいるかを気づかせてくれます。
映画『モーツァルトとクジラ』 [Blu-ray]
アスペルガー症候群の彼と高機能自閉症の彼女が互いに惹かれあい、傷つけあいながも関係を築いていく物語です。 映画「レインマン」と同じ脚本家で自閉症の方の視線、思考、感覚等特徴がしっかり表現されています。 自閉症スペクトラム障害を理解するための教材にもできます。
大きな木
あすなろ書房 (2010/9/2)

木(彼女)と少年、たった二人?しか登場人物はいません。しかし様々な解釈ができ、大変奥深い大人でも楽しめる絵本です。「愛」とは何なのか、を問われているようにも思えます。英語が原作で、村上春樹が日本語訳をしています。
東京喰種トーキョーグール
集英社 (2012/2/17)

人気ですね『東京喰種』 少し前に中高生の間で流行したアニメ&漫画です。人間を食しことでしか生き延びることのできない喰種(グール)という種と人間が同じ世界に生きることは可能なのか。正義とはなんなのか。思春期にかかわる臨床家は、クライエントとつながるアイテムとしても読んでいて損はないです。
火の精神分析
せりか書房; 改訳版 (1999/04)

もう絶版になっていますが、この本では火おこしを男女の営みに例える解釈がかかれています。 そうなると火事は、SM行為など倒錯した男女の関係と考えられるのでしょうか。 火は人類の営みになくてはならないものであり、その火を人類の象徴としてとらえる考え方は、分析的なセラピーにおいても非常に有用です。