利用規約

カウンセリング、心理テストにおける利用規約

第1条 (本規約の適用)
大阪・京都こころの発達研究所 葉とは、カウンセリング、心理テスト(以下「本サービス」と言います。)を主に、運営しています。
大阪・京都こころの発達研究所 葉は本サービスを提供する為、以下にサービス利用規約を定め、利用者は利用規約を了承した上で本サービスを、利用するものとします。

第2条 (利用規約の締結)
大阪・京都こころの発達研究所 葉が本サービスにおいて利用者に対して発信する第4条の通知は、利用規約の一部を構成するものとします。
利用者は自己の責任において利用規約、及び大阪・京都こころの発達研究所 葉が別に定めるサービス提供時点における最新の「同意書」「ご利用上の注意」「通知」(以下総称して「利用規約」と言います。)を厳守するものとします。
利用規約本文の定めと利用規約等の定めが異なる場合には、利用規約等の定めが優先して適用されるものとします。

第3条 (サービスの内容)
大阪・京都こころの発達研究所 葉では、本サービスにおいて次に示すサービスを提供いたします。尚、サービスの詳細につきましては大阪・京都こころの発達研究所 葉が定めるものとします。
・利用者へのカウンセリング、心理検査
・その他、大阪・京都こころの発達研究所 葉が定めるサービス

第4条 (本サービスからの通知)
大阪・京都こころの発達研究所 葉は、本サービスにおいて、オンライン上の表示その他、当方が適当と判断する方法より、利用者に対し随時サービスを行っていく上で必要な事項を通知します。
・全項の通知は当方が通知の内容をオンライン上に表示した時点より効力を発するものとします。

第5条 (利用上の注意)
・本サービスは、カウンセラーが利用者からの相談にお答えすることにより利用者の心理的援助、個人の問題解決を支援するものであり、利用者の心身の健康改善及び問題解決について保障をするものではありません。
・本サービスでは、カウンセラーは医療行為となる診療行為・診断・及び投薬指導等を行う事は一切いたしておりません。
・医療が必要な心身の状況にある場合、又は通院中の場合は、医療機関に事前にご相談の上、ご利用ください。また、医療が必要な心身の状態にある可能性が高いとカウンセラーが判断した場合には、医療機関や専門施設をお薦めする場合がございます。
・以上の他、心身の健康状態に急激な変化を認めた場合は、利用者は自らの判断により医療機関に必ず相談してください。
本サービスの利用中もしくは利用後に、利用者の心身の状態が悪化した場合でも、当方は一切責任を負いません。
・本サービスを利用後に、そのサービス内容やサービス品質に不服を申し立て、支払い料金の返還を求めたとしても、当方は一切応じることはありません。
・18歳未満の方が有料カウンセリングを利用する場合は、保護者の同意書が必要です。

第6条 (利用の不承諾)
・本サービスの利用申し込みを行った時点で、利用者が以下の項目に当てはまると判断した場合には、利用を承諾しない場合があります。
・過去に利用規約等に違反するなどにより、利用を拒否された事が判明した時。
・本サービスを正当に利用する意思あるいは目的が無いと認められた時。
・過去に本サービスにおいて不正行為、迷惑行為、料金未納などのトラブル、その他問題のある行為をした事が判明した時。
・その他、当方が不適当と判断した時。

第7条 (料金)
・本サービスの利用料金は、別途定める料金表の通りとなります。
ただし、料金は諸般の事情により当方で変更する場合があります。

第8条 (支払い)
・利用料金は本サービス提供の前に現金でお支払いいただきます。
・ご予約日の前日の22時までに、メールまたは電話でのキャンセルがあった場合には、料金はかかりません。ご予約日の前日の22時以降のキャンセルは、キャンセル料金として100%お支払いいただきます。
・キャンセル料金は次回の来談時のお支払いとなりますが、キャンセル以降、ご予約が1週間以上ない場合は、振り込みにてお支払いいただくことになります(振込手数料はご負担ください)。
・あくまでも支払い拒否をされた場合には、法的手段をとらせていただく場合もございます。

第9条 (禁止事項)
利用者は、本サービスの利用にあたり、次のいずれかにあたる行為をしてはならないとします。
・カウンセラーを誹謗・中傷する行為
・カウンセラーに対する卑猥な発言
・カウンセラーに個人情報を聞き出す行為
・カウンセラーと個人的に会う行為
・カウンセラーに対するストーカー行為、またはその他の身体・生命・自由・名誉・財産等に対して害悪を加える行為
・カウンセラーへの物品販売等の営利目的の行為
・カウンセラーへの宗教活動や特定団体に勧誘する行為
・カウンセラーのプライバシー権、肖像権、またはその他の権利を侵害する行為
・当方カウンセラー、またはサービスサイトの信用、もしくは名誉を損失させる行為
・当方の設備に不正にアクセスしたり、本サービスに関する情報を改ざん・消去したり、コンピューターウイルス等の有害なプログラムを使用もしくは提供し、またはその恐れのある行為
・犯罪行為に結びつく、あるいは助長する行為
・本サービスの運営、提供、または他の利用者を妨害する、もしくはそれらに支障をきたす行為
・法令、または公序良俗に違反する行為
・その他、当方が合理的な理由に基づき不適当と判断する行為

第10条 (責任の制限)
・当方は、本サービスに係る品質については万全を期すものの、常に正しく全てのものに有効とは限らず、特定の疾患等の治療、症状の改善まで保証するものではありません。また、本サービスの利用結果、万が一利用者が不利益を被ったとしても、虚偽または悪意をもって情報提供が行われた場合を除き、利用者の自由な選択、判断、意思に基づき情報の利用がなされたとみなし、当方はその不利益について一切の責任を負わないものとします。
・利用者は、本サービスの利用によって当方もしくは第三者との間で紛争が生じた場合には、自己の責任と負担により解決するものとします。
・特定の疾患等の治療、症状の改善まで補償するものではありません。

第11条 (サービスの停止)
当方は、次のいずれかに当てはまると判断した場合には、利用者への事前の通知または承諾を要することなく、一時的にサービスを中断できるものとします。
・本サービスの提供に必要な設備の故障等により保守を行う場合
・不可抗力により本サービスを提供できない場合
・火災・天災・停電、その他不慮の事故等により、本サービスの提供ができなくなった場合
・その他、運営上または技術上の理由でやむを得ない場合

第12条 (利用停止等)
当方は、利用者が次のいずれかに当たると判断した場合、事前の通知もしくは勧告を要することなく、本サービスの利用の一時停止を行うことができるものとします。
・利用者が電話・FAX・メールなどの連絡がとれない場合
・利用料金が支払われない場合
・本利用規約に反した場合

第13条 (情報の削除等)
当方は、次のいずれかに当たると判断した場合には、利用者への事前の通知または承諾を要することなく、利用者が登録した情報の全部または一部の削除、変更複写及び移動を行うことができるものとし、利用者はこれを承諾します。
・利用者の登録情報が当方の定める期間を超えると判断した場合
・利用者の登録情報が第9条に定める禁止事項に当たる場合
・利用者から登録情報削除の意思表示があった場合
・上記以外であっても本サービスの運営上必要な場合
・当方は情報削除の結果、利用者に生じた損害について、責任は負わないものとします。

第14条 (個人情報の取り扱い及び守秘義務)
・当方は本サービスの利用に際し、利用者から提供された個人情報や利用者のプライバシーに係る事項(以下、分けて記載する場合を除き「個人情報等」と総称します。)を、本サービスの運営その他本サービスの提供に関する目的のため適切に利用します。ただし、当方は、本サービスの相談内容やカウンセラーの対処及びその結果等を利用者本人を特定できない相談事項例に加工した上で、本サービスあるいは提携団体、カウンセラーの今後の相談業務の向上に資する目的の為利用する事があります。
・カウンセラーは、利用者からの相談を受けるに際し、利用者への助言・アドバイス等に必要な範囲において、利用者の任意においてプライバシーに係る事項その他の情報の提供を受けることがあります。
カウンセラーは、利用者から提供を受けたプライバシーに係る事項その他を適切に管理します。
カウンセラーは相談を受けた利用者のカルテは、利用者の継続的な相談対応の為、相談業務に関する問い合わせ等の為に開示・提供される場合があります。
なお、このカルテは、当方が保有する本サービスのシステム内で作成されますが、当方は、上記1項目、下記4項目に定める場合を除き、このカルテを利用する事はありません。
・当方及びカウンセラーは、本サービスの提供の際、役割分担に応じ提供を受けた個人情報を、法令等によるほか、各々個人情報あるいはプライバシー等の保護方針あるいは規則に従い、適切に管理致します。
・当方は及びカウンセラーは、上記の他、以下に定める場合を除き、それぞれが取得した個人情報を第三者に提供する事はいたしません。
A・法令により、開示が求められた場合
B・本規約第15条「アクセスログ等の記録と開示」に基づき開示する場合
C・利用者、または第三者の生命・身体、または財産が危険にさらされる場合
D・利用者、または第三者が自殺をする意思を明らかにし、実行される可能性が非常に高い場合
E・利用者、または第三者が虐待を受けており、速やかに対処しなければ生命の危険が考えられる場合
F・当方と守秘義務契約を結んだ特定のカウンセラーや精神科医のアドバイスを受ける場合
G・統計処理等により、利用者個人識別ができない状態に加工された場合
・当方及びカウンセラーは、利用者より提供を受けた個人情報へアクセスまたは個人情報の紛失・改ざん・漏洩等の危険に対して技術的に必要かつ十分な安全対策を講ずるものとします。また、当方は、個人情報の安全管理を固める為、当方内部者に対しても必要かつ適切な監督を行うものとします。
・当方及びカウンセラーは、利用者がカウンセリングを利用している事や、利用者の相談内容、及び個人に関する情報が外部に漏れる事のないよう細心の注意を払い、厳重に管理をいたします。

第15条 (アクセスログ等の記録・開示)
・当方は、本サービスの利用の際のアドレスから本サービスを利用した日等のアクセスログを記録する事があります。
・当方は、利用者が開示に同意した場合、または犯罪捜査等の法律手続きの中で開示を要請された場合、または消費者センター、弁護士会等の公的機関から正当な理由に基づき照会を受けた場合において、利用者の氏名・住所・電子メールアドレス・電話番号等の個人情報及びアクセスログを開示する事が、あります。

第16条 (サービスの廃止)
・当方はいずれかに該当する場合には本サービスを廃止するものとし、全ての利用者に対するサービスを終了するものとします。
A・30日前までにインターネット上で利用者に通知した場合
B・不可抗力により、本サービスの提供が不可能となった場合

第17条 (著作権)
・本サービスにおいて当方が提供するコンテンツ、また本サービスサイト上に表示される全ての掲載内容についての著作権は、当方に帰属します。したがって、本サービスサイトの掲載内容全部において、無断使用・複写する事を禁止します。

第18条 (免責事項)
・当方が利用者に提供する情報または文章等についての安全性・正確性・有用性・適用性・最新性等に関し、当方は一切の責任を負いません。
・利用者データ、及び利用者が蓄積したデータが紛失・消滅または改ざんされた場合、当方はいかなる理由でも一切の責任を負いません。
・本サービスの利用を通じて利用者のパーソナルコンピューター等にウイルスが侵入し損害が生じた場合、当方はその責任を負いません。
・本サービスの利用に起因して生じた、利用者の損害全てに対して、いかなる理由があれ、当方は一切責任を負わないものとし、損害賠償義務を一切負いません。

第19条 (本規約の変更)
・当方は利用者の承諾を要する事なく本規約に新たな規約の追加または変更を行うことができるとします。なお、新たに追加または変更される規定についても本規約の一部を構成するものとします。
・変更後の本規約については、本サービスが別途定める場合を除いて、オンライン上に表示した時点で効力を生じるものとします。

第20条 (合意管轄)
・本規約に関する一切の紛争は、大阪・京都こころの発達研究所 葉の所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所として処理するものとします。

第21条 (準拠法)
・本規約に関する準拠法は、日本法とします。

以上