恋愛にまつわる悩み

恋愛にまつわる悩み

中学生や高校生の頃には、多くの人が恋愛にまつわる悩みをもつようになり、
身近な人と悩みを打ち明けあったり、人知れず悩んだりするものです。
しかし、年齢が上がるにつれ、それを話すことのできる人は一層限られるようになり、
自分一人で抱え込んでしまう人も多くなるでしょう。
また、自分の恋愛感覚が同世代の人たちに追いついていない、
と感じるようになる人も少なからずいます。
特に、恋愛経験の少ない人によくあるのが、性交経験の少なさです。
男性の場合、童貞、あるいは性交渉の経験はあるものの、
一度きりでそれ以上経験がないという「セカンド童貞」という言葉もあります。
また女性の場合は、処女を捨てることができないという人もいます。
周りの人たちが恋愛や結婚と人生の選択をしていく中で、どうやって恋愛対象を見つけてよいのか、
そもそも自分はどういう人をパートナーに求めているのか分からずに苦しんでいる人も少なくありません。

一方、恋愛ができない理由の一つに、過去の性体験での傷つきをあげる人がいます。
一つが性被害や性暴力に遭い、悲惨な体験をしながらも、誰に打ち明けることもできずに、
あるいは打ち明けても十分な理解が得られないまま傷つき抱えている方もおられるかもしれません。
また、パートナーとの間でのDV(ドメスティック・バイオレンス)です。
暴力をふるわれ、傷つけられたという体験がいつまでも自分の中で残っている場合です。
そうした経験から、自分には穏やかな恋愛をすることも、
パートナーと満足して愛し合うこともできないと悩み、
新たなパートナー探しを躊躇してしまっているかもしれません。

さまざまな場合がありますが、上記の悩みに対する解決を一緒に時間をかけて考えていくお手伝いをさせていただきます。

お申し込み・お問い合わせはこちらから

個別相談(カウンセリング)はこちら

心理テスト(トップページ)