初学者のための『心理検査 事例検討会』(2020年度)

初学者のための『心理検査 事例検討会』(2020年度)

大阪府下に緊急事態宣言がでたことに伴い、2月7日の人格検査事例検討会を一部、二部共に3月28日に延期致します。
時間や実施方法に変更はありません。

 心理職が働く現場の多くで、さまざまな種類の心理検査の実施が求められます。しかし、いざ検査を実施するとなると、大学や大学院で学んできた知識や、専門書の知識だけでなかなか太刀打ちできないと感じる方も少なくないのではないでしょうか。また、検査の実施の仕方や検査の整理、解釈の仕方を学びたくとも、心理職が一緒に学ぶ場が見つからないという声も聞きます。

「今、働いている職場で、より深い発達検査の理解ができるようになりたい」
「転職先の職場で実施できるように、パーソナリティ検査の勉強をしておきたい」
「心理検査を一緒に勉強できる仲間を作りたい」

 当研究所では、現場で心理検査を実施している専門職を対象にした心理検査の事例検討会を開催いたします。ともに勉強し、技術を高め合い、つながりを作る場として、ご活用いただければと思います。

 どうぞ、ふるってご参加ください!

いずれの事例検討会も、それぞれの日程で定員15名です。
会場は当研究所の高槻オフィスです。
お申し込みは先着順となります。下記のフォームからお申し込みください。

Ⅰ.人格検査 事例検討会

投影法や描画法などの検査からパーソナリティをどのように理解するか、検査の結果整理や解釈の仕方について、事例検討を通して検討していきます。

TEG、バウムテスト、PFスタディなどを中心に実施します。

開催日 4月5日、7月5日、9月6日、11月1日、2021年2月7日⇒3月28日に変更
第1部 10:00〜12:00  対象:現場で人格検査を実施する専門職
※事例提供者は参加者の皆様になります。
第2部 16:30〜18:30  対象:人格検査の事例に興味のある専門職、大学院生
※事例提供者はスタッフのみになります。人格検査の種類などの知識は必要です。
参加費 各全5回 10,000円  単回参加 3000円/回

Ⅱ.発達検査 事例検討会

ウェクスラー式知能検査ののデータをどう細やかに読み取り、受検者の方の発達特性や能力をどのように理解していくのか、事例検討を通して理解していきます。

ウェクスラー式知能検査を中心に実施します。

開催日 6月7日、8月9日、10月4日、12月6日、2021年3月7日
第1部 10:00〜12:00  対象:現場でウェクスラー式知能検査を実施する専門職
※事例提供者は参加者の皆様になります。
第2部 16:30〜18:30 対象:ウェクスラー式知能検査の事例に興味のある専門職、大学院生
※事例提供者はスタッフのみになります。ウェクスラー式知能検査の下位検査名などの知識は必要です。
参加費 各全5回 10,000円  単回参加 3000円/回

チラシ

チラシのダウンロードはこちらから(PDF)

お申し込みはこちらから

    必須お名前
    必須フリガナ
    必須メールアドレス
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須住所
    必須電話番号
    必須所属
    必須資格
    Ⅰ.人格検査 事例検討会
    Ⅱ.発達検査 事例検討会