明日から実践できる初回面接 ~見て学び・考えて学び・話して学ぶ ~

 心理士がクライエントと初めて出会うとき、クライアントが話をする内容だけに注意を向け、理解をしようとするわけではありません。クライアントとの出会いは、事前情報やインテーク票を私たちが見聞きする段階で始まります。具体的にどのように事前準備が、クライアントと会う時に役立つでしょうか。そして、初回面接時に話される内容やその態度から、どのような情報を収集し、その情報を元に、クライアント像をどのように見立てるでしょうか。
 インテーク票から分析すること、初回面接中の思考過程、見立ての方法などについて、講師がリアルタイムでロールプレイを行い、参加者の皆さまでそれを視聴したうえで、見立てについてのディスカッションをしながら、学んでいきます。
 医療現場だけでなく、福祉、産業、教育などさまざまな現場で役立てられる内容にします。


内容
 1, インテーク票から考える:
  初回面接の前に、主訴や基本情報などクライエントに記入してもらうインテーク票。架空事例のインテーク票を見て、何を考え、何を準備して初回面接に臨むかを検討します。
 2, ロールプレイから考える:
  講師2名で、クライエントとカウンセラー役を演じ、初回面接の様子を実演します。
 3, 見立てをディスカッション:
  ロールプレイを見て、どのような見立てが立てられるのか、どのようなところが情報不足なのか、小グループに分かれてディスカッションしてもらいます。
 4, ロールプレイ・見立ての解説:
  ロールプレイ中のカウンセラーの思考過程や見立ての方法について解説します。
 5, 初回面接で押さえるべきポイントについて:
  初回面接の役割や目的、方法についてお伝えします。

様々な角度から初回面接について、実践的にお伝えします。
終わった後に「明日、やってみよう」と思える研修を目指します。

日時:2021年7月4日(日)14:00~19:30
参加費:5000円
場所:ZOOMリアルタイム視聴のみ
定員:先着90名
対象:臨床心理士、公認心理師、臨床心理士取得見込み者、臨床心理士養成課程大学院生
臨床心理士ポイント申請予定

講師
浜内彩乃(大阪・京都こころの発達研究所 葉)
 臨床心理士、公認心理師資格保持者。精神分析的心理療法をオリエンテーションとする心理職として教育機関、福祉機関などで活動し、現在は、カウンセリングルーム、精神科クリニック、大学教員などで活動中。
星野修一(大阪・京都こころの発達研究所 葉)
 臨床心理士、公認心理師資格保持者。精神分析的心理療法をオリエンテーションとする心理職として教育機関、精神科医療機関などで活動し、現在は、カウンセリングルーム、精神科医療機関、学生相談室などで活動中。

申し込み方法こちらからお申込みください。
(クレジットカードでのお支払いとなります。銀行振り込みでのお申し込みをご希望の方はこちらからその旨お知らせください)

チラシこちらからダウンロードできます。

タイトルとURLをコピーしました