注意欠如・多動性障害/注意欠如・多動症( Attention-deficit hyperactivity disorder、ADHD)

注意欠陥・多動性障害と翻訳されていましたが、DSM-5からは「注意欠如」となりました。①不注意、②多動性、③衝動性が特徴です。日常場面では、食事中や授業中などじっとしていなければならない時でも動き回ってしまう、座っていて …

アダルト・チルドレン(Adult Children/Adult Children of Alcoholics)

アダルト・チルドレンとは、そもそも1970年代にアメリカにて発祥した用語です。アルコール依存の問題は、はじめ飲酒する量をコントロールすることが難しい依存症者本人の病理であるといわれていました。しかし、次第にそれだけではな …

パニック障害/パニック症(Panic disorder ; PD)

パニック障害/パニック症は、「不安障害」の一つで、突然、動悸が激しくなったり、呼吸が苦しくなったり、震えたりするパニック発作が繰り返され、パニック発作が起きるのではないかという予期不安が出現する病気です。 パニック発作は …

自閉スペクトラム症/自閉症スペクトラム障害(Autism Spectrum Disorder, 略称:ASD)

2014年に発売されたDSM-Ⅴで用いられるようになった診断名です。それまでは、アスペルガー症候群や、広汎性発達障害(PDD)、カナータイプ、小児期崩壊性障害、自閉症と細かな分類がなされていましたが、それらの状態が連続体 …