臨床心理学

カウンセリング技法

芸術療法(Art therapy)

芸術療法とは 芸術療法は、さまざまな芸術活動(絵画、箱庭、コラージュ、音楽等)を通じて心身の健康を回復することを目的とする心理的治療全般のことを指しており、幅広い内容を含んでいます。  心理面接室の中だけでなく、福祉現場や教育現場、...
カウンセリング技法

マインドフルネス(Mindfulness)

マインドフルネスとは? マインドフルネスは、元々その定義の曖昧さ(技法なのか、実践プログラムなのか、状態なのか等)の問題が指摘されている言葉ですが、この言葉の普及のきっかけとなったマサチューセッツ大学のジョン・カバットジン(Jon...
カウンセリング技法

分析心理学(ユング心理学)

分析心理学(ユング心理学) ユングはフロイトの弟子でしたが、大きな影響を受けながらも訣別し、分析心理学を創始しました。分析心理学は、スイスのユング研究所で日本人として初めてユング派分析家の資格を取得した河合隼雄によって、日本で広く知...
用語説明

トラウマ(trauma)

トラウマとは トラウマは今やメディアやSNS等、日常生活の中で使われない日はないと言ってもよいほどよく耳にする言葉となりました。最近ではレディ・ガガ(Lady Gaga)さんがレイプされた体験を告白し、話題になったことも記憶にある方...
用語説明

アルコール依存症(Alcoholism)

アルコール依存症とは アルコール依存とは、アルコールに対して、身体的、精神的、そして薬理学的な依存性を獲得してしまった状態を指しています。これは、単なるお酒好きとは異なっており、世界保健機構(WHO)が発表している国際疾病分類ICD...
用語説明

適応障害(Adjustment disorder)

適応障害は、皇太子妃雅子様が心身の不調を訴えられた際に報道され、 一気に知名度が高まりました。 適応障害とは、日常生活の中での主要な出来事(例えば入学、就職、引っ越し、昇進、病気や障害など)など、あるストレスに対して不適応状態が生じ...
用語説明

注意欠如・多動性障害/注意欠如・多動症(Attention-deficit hyperactivity disorder、ADHD)

ADHDの診断 注意欠陥・多動性障害と翻訳されていましたが、DSM-5からは「注意欠如」となりました。①不注意、②多動性、③衝動性が特徴です。日常場面では、食事中や授業中などじっとしていなければならない時でも動き回ってしまう、座って...
用語説明

うつ病(depression)

うつ病とは うつ病(depression)とは、抑うつ気分が根底にあり活力が乏しくなる「うつ状態」(抑うつ状態)が重症であり、社会生活が送れない状態である場合に診断される精神疾患です。会社や学校に行けなくなったり、家事や身の回りのこ...
用語説明

アダルト・チルドレン(Adult Children/Adult Children of Alcoholics)

アダルト・チルドレン(Adult Children/Adult Children of Alcoholics)とは アダルト・チルドレンとは、そもそも1970年代にアメリカにて発祥した用語です。アルコール依存の問題は、はじめ飲酒する...
用語説明

パニック障害/パニック症(Panic disorder ; PD)

パニック障害/パニック症(Panic disorder ; PD)とは パニック障害/パニック症は、「不安障害」の一つで、突然、動悸が激しくなったり、呼吸が苦しくなったり、震えたりするパニック発作が繰り返され、パニック発作が起きるの...
タイトルとURLをコピーしました