ウェクスラー式知能検査

ウェクスラー式知能検査は、
アメリカの心理学者であるWechsler,D.(ウェクスラー)が、
個人の知能構造を診断する目的で開発した知能検査です。
ウェクスラーは知能を
「目的的に行動し、合理的に思考し、環境を効果的に処理するための、個人の集合的ないしは全体的能力」
と定義しました。

ウェクスラー式知能検査で分かること

ウェクスラー式知能検査を実施することで
同年齢集団の中での個人の知能水準の位置を知り得る知能偏差値IQが算出できます。
また、検査項目の高低も算出するため
知能の中で、どのような力が高いのか、または低いのかといったことが理解できます。
具体的には、言葉を使う力や短時間記憶を保持する力、単純作業をこなすスピード、論理的推理力などの力を測定することができます。
そして検査結果から、日常生活や社会生活での困り感とどのような関連があるのか
それらを解決するためにはどのような方法をとればいいのかを明らかにします。

一方で、ウェクスラー式知能検査は、全知能の一部を測定するものであり、
人間のもつ知能全てを測定することはできません。
また、検査の際は、静かな落ち着いた部屋で1対1で行うため
多くの人と一緒に作業するような社会生活場面とは異なる環境で、
その人が発揮する力を測定するとも言えます。

ウェクスラー式知能検査の種類

ウェクスラー式知能検査は、受検者の年齢によって
幼児期はWPPSI(ウィプシ)、児童期・思春期はWISC(ウィスク)、成人期以降はWAIS(ウェイス)
と検査名が異なります。

また検査は発売後、約10年に1度のペースで内容が改定されています。
WPPSIは1967年に発売され、現在はWPPSI-Ⅲ(2017年)が最新です。
WISCは1949 年に発売され、現在はWISC-Ⅳ(2011年)が最新です。
WAISは1955 年に発売され、現在はWAIS-Ⅳ(2018年)が最新です。
所要時間は個人差がありますが、どの年齢でもおよそ2時間~2時間半となります。
疲れた場合には途中で休憩をはさむなど、受検者に合わせて実施します。

当研究所での実施

当研究所では児童・思春期を対象としたWISC-Ⅳと
成人期以降を対象としたWAIS-Ⅳの2種類の検査道具を用意しているため、
幅広い年齢層の方に実施することができます。

WAIS-Ⅳは発売後、1年が経過し、実施する機関が徐々に増えてきています。
当研究所では、この検査をいち早く導入しており、すでに多くの方が申し込まれ、
検査を受けておられます。
「もう一度自分の能力を客観的に見てみたい」
「今度は体調をきちんと整えた状態で受けてみたい」など、
これまでにWAIS-Ⅲは受けたことがあるという方も、はじめて耳にするという方も、
この機会に一度、体験してみるのはいかがでしょうか。
自分の気付くことのなかった強みや弱み、新たな一面を知ることができると思われます。

なお、WAIS-Ⅳ単体でも実施可能ですが、知能だけではなく、
性格やパーソナリティも含め、総合的に自分のことを知りたいと仰る方も多いです。
テストを組み合わせて受けられることで、ご自身のことをより深く、
立体的に知ることができますので、他の検査との組み合わせもお勧めしています

WAIS-Ⅳの料金について

WAIS-Ⅳを単一で行う場合の費用 ※税抜きの料金です
・事前カウンセリング(別途):1200円(10分毎) 20分~30分がオススメ
・実施:14,400円
・所見作成(別途):1,200円 ※メンサ入会希望の方は必須です
・事後カウンセリング(別途):1,200円(10分毎) 30分~50分がオススメ

※ 実施時間は2時間程度です
※ 所見とは「検査結果報告書」のことを指します。所見の中には、検査結果の数値、グラフ、
結果から理解できる内容、 結果をどのように生活に活用していくかのポイント、などを記載いたします。
※ メンサ入会希望の方は事前にお申しつけ下さい。IQが130を超えた場合に入会用の所見をお渡しします。
※ 事前カウンセリング、所見作成、事後カウンセリングの有無・時間は選択していただくことが可能です。

お申し込み・お問い合わせはこちらから

心理テスト(トップページ)

その他の実施可能な心理テストの一覧はこちら

心理テストの流れはこちら

心理テストのコース一覧はこちら