人格検査事例検討会 第1回目を開催しました!

本日、人格検査事例検討会の第1回目を10時~12時の午前の部と、17時~19時の午後の部とで開催しました。
参加された方々には、現場で心理検査をとられているけれどももう少し詳しく検査を理解したい方や、今は心理検査を実施していないけれど、改めて勉強しなおしたいという方など、さまざまなご経験の方がいらっしゃいました。

この検討会では、実際の人格検査(P-Fスタディ、バウムテスト、TEG)のデータを用いながら、検査のデータをどのように読み解くことができるのか、いくつかのデータから総合的にパーソナリティ像を組み立てていくのかを、皆で意見を出し合いながら考えていくという作業をしていきます。本日は2事例を1時間ずつ検討しました。

運営スタッフとしましては、どこで心理検査について勉強してよいか分からない、いちから勉強したいけれどどう手をつけてよいか分からないという方がいかに多いか、を改めて感じてしまいました。
検査についての知識をそもそもどのように振り返り、身につけていくか、そういう場もご用意できればと考えております。(よろしければ、研修会としては「現場で生きる心理検査を学ぼう 2019」や、検査のスーパーヴァイズなどもございますので、そちらをご覧ください。)

第2回以降は、参加されるメンバーの方々に事例を出していただくことになります。
皆で研鑽し合いながら、一緒に勉強していきたいですね。

本日ご参加の皆様、お疲れ様でございました!