初学者ロールシャッハ・テスト勉強会を開催しました!

11月26日19時から21時まで、初学者ロールシャッハ・テスト勉強会の第一回を開催しました。

多くの心理職の方から、「大学院でロールシャッハ・テストを勉強したにもかかわらず、現場で使う機会がない、」あるいは、「もっとロールシャッハ・テストの知識を増やしたり、トレーニングを積みたいのにその研修がなかなかない」などのお声を聴きまして、専門職の専門性向上を目指し、当勉強会を開催することになりました。

本日は自己紹介のあとで、基礎の基礎からの学び直しということで、まずは実施法の講義を受けいただいて、みんなで実施の練習をしてみようとかわるがわる、検査者と受検者になってロールプレイをしてみました。

「これはいってはいけない教示なのに言ってしまいそう」「こういう時はこうやって聞くのか」など、実際にやってみると、とまどうこともあり、こういう時はどうするのか、と質問をしあったり、ある反応が「見えるか/見えないか」の話になったりと、ワイワイしながら時間が過ぎました。

また、ロールプレイとはいえ、いざ自分が改めて受ける側になってみると、「こんなに自分の見方って相手に伝わらないものなんだ」と驚かれている方もいらっしゃいました。相手の体験を自分の体験に重ねることの難しさや大事さということを、確認できるのも、ロールシャッハ・テストの醍醐味ではないかなと感じております。

今後も、初学者ロールシャッハ・テスト研究会は、次回は、12月24日19時からを予定しております。
(2020年1月からは、毎月第4火曜の19時30分からに、開始時間が変更になります。)

ご関心のある方は、ふるってご参加ください。

研修会の詳細やお申し込みはこちらから。