ロールシャッハ・テスト

ロールシャッハ・テストは、スイスの精神科医である
ヘルマン・ロールシャッハ(Herman Rorschach)によって考案された心理検査です。
インクのしみを見て「これは何に見えますか?」という心理テスト、
というと、聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
心理検査の種類で言うと、投影法という検査に分類されますが、深層心理を知るというだけでなく、
知覚と認知のパターンを知る検査として最近では使用されることが多いでしょう。

検査では、左右対称のインクのしみで作成された数枚の図版を用い、
それが何に見えるのかを尋ねられます。この図版は、世界中で規格が統一されており、
勝手に図版を作成して検査に使用することは禁止されています。
また、結果の分析について、
「○○に見えているから、あなたの性格は△△です」のような占いとは一線を画しており、
検査結果は一度すべて数値化され、
収集データに基づく統計的な基準からその数値を読み解くことになります。

ロールシャッハ・テストの分析手法

分析手法は、片口法、包括システム、阪大法、名大法など、多岐にわたりますが、
当所では片口法と包括システムの2つの手法を中心に結果の分析を行います。
特に、包括システムはExner,J.によって多くの理論や知見が統合されており、
統計的にも国際的な膨大な量のデータを処理することによって得られた知見に依っているため、
検査者による解釈の誤差が小さく、精度のより高い手法と言われています。

ロールシャッハ・テストで分かること

結果からは、ストレスが生じた際の対処の方略とストレス耐性、視覚情報を処理する際の特徴、
感情のコントロールの仕方、自己イメージと他者イメージなど、
さまざまなパーソナリティにまつわる情報を得ることができます。
上述したように、他の人格検査に比べ、得られる情報量が非常に多いため、
自分の性格について意識できている以上の側面を知ることができるでしょうし、
対人関係での困難についてもなぜその困難が生じているのかについて、
客観的な知見を得ることができます。
最近では、発達特性をもっておられる方でも、
発達特性も含めた自身の性格特徴や対人パターンを知るために、受検される方も少なくありません。

ロールシャッハ・テストを動画で紹介

ロールシャッハ・テストの料金について

ロールシャッハ・テストを単一で行う場合の費用 ※税抜きの料金です
・事前カウンセリング(別途):1200円(10分毎) 20分~30分がオススメ
・実施:14,400円
・所見作成(別途):1,200円 ※メンサ入会希望の方は必須です
・事後カウンセリング(別途):1,200円(10分毎) 30分~50分がオススメ

※ 実施時間は2時間程度です
※ 所見とは「検査結果報告書」のことを指します。所見の中には、検査結果の数値、グラフ、
結果から理解できる内容、 結果をどのように生活に活用していくかのポイント、などを記載いたします。
※ 事前カウンセリング、所見作成、事後カウンセリングの有無・時間は選択していただくことが可能です。

なお、ロールシャッハ・テスト単体でも実施可能ですが、
テストを組み合わせて受けられることで、ご自身のことをより深く、
立体的に知ることができますので、他の検査との組み合わせもお勧めしています

お申し込み・お問い合わせはこちらから

心理テスト(トップページ)

その他の実施可能な心理テストの一覧はこちら

心理テストの流れはこちら

心理テストのコース一覧はこちら